Rusie-dutton&YOGA room Thai massage therapy --Prajna プラジュナ--

呼吸の波に合わせて身体を緩めると たくさんの気づきに出会います

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Nana on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の中を走る

Posted by Nana on   0 comments   0 trackback

今日は梅雨空、雨でしたね。
私はこの時期はホント苦手なんです。
暑いのは得意なほうなのですが、ジメジメが嫌です(みなさんそうでしょうけど・・)。
それにはやはりわけがあって、自分の身体ももちろんなのですが、
カビが、そうカビ。
カビが特に気になるのです。
洗面やお風呂や台所のシンク排水溝は手を突っ込んで洗います。
毎日やらないとすぐカビちゃんに犯されます。
あとは部屋の隅々も結構きます。
とても神経質になってしまう時期。

その苦手な梅雨時期の間にある、梅雨の晴れ間
この日はもう緑に飛び込んでいきたい!というくらい好きな時です。

窓を開けて車を走らせると、迫り来る緑の木々が私を包んでくれるような そんな気持ちになる。

何もないのに涙が出たり、また笑ってみたり
傍からみたらおかしい人かもしれない私。。
でもそんな心の揺れが、大きな木々は何も言わず
ただ揺れて、また揺れて 私の心のリズムがそう思うのかもしれません。

ありのままに受け止める
それはとても難しいことかもしれない
でも人はその時その時の選択を
きちんと自分の意思でしているのです
誰の指図でもなく
自分がよいと決めた通りに動く歩み
それはそれでよいのです
大きな石を必死に動かしてみることもあり
小さな小石に躓くときもあり
それもこれも次に見える先があるからこそ
私があきらめない限り 道は続いていく


深い緑が溢れる家までの道を歩いていると
そんな風に大きな気持ちになれる
それもまた幸せ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。